So-net無料ブログ作成
あらすじ ネタバレ ブログトップ
前の1件 | -

ドラマ「HERO」2014 第4話 あらすじ ネタバレ 結末 [あらすじ ネタバレ]

ドラマ HERO hero2 2014 第4話 あらすじ ネタバレ 結末 出演者 キムタク 北川景子

ドラマ「HERO」第4話は懐かしの人と麻木の過去が話題になっていますね!



スクリーンショット 2014-08-05 16.11.22.png
※出典:http://www.fujitv.co.jp/HERO/story/story_04.html

今回も大人気ドラマHERO2014
第4話あらすじからネタバレ結末までを
紹介したいと思います。



スポンサーリンク









ドラマ「HERO」2014第4話あらすじ


宇野検事が健康器具詐欺の担当をすること
になり、この被疑者である土井垣は関西で
も同じ犯罪を行なっていた為に京都地検か
ら女性検事が出張してくるというのでした。

そして、城西支部に現れた女性検事とは、
遠藤賢司や末次隆之、そして久利生公平に
は懐かしい中村美鈴検事だったのです。

美鈴には小金沢事務官が同行し、東京へは
土井垣の捜査の為に出張をしに来たのでし
た。

スクリーンショット 2014-08-05 16.11.37.png
※出典:http://www.fujitv.co.jp/HERO/story/story_04.html

一方、久利生は麻木とともにマンホールを
盗もうとして逮捕された男の事件を担当し、
被疑者を取り調べていました。

男はすぐに犯行を認めましたが、逮捕され
て3日しか経っていないのに、この男に62
通もの減刑嘆願書が届いていることに違和
感を感じ「気持ち悪い」と話しました。

そんな取り調べの最中に、被疑者の男は
麻木の顔を見ながら「千佳」と呼び捨てし、
麻木と被疑者が昔の知り合いだったことが
分かりました。

そのことから、麻木が元ヤンキーだという
ことが判明し、久利生は「やっぱり」と言
い、麻木のことをからかいながらも捜査に
出かけて行きました。

その頃、宇野検事は土井垣の取り調べをし
ていましたが、相手は話術で人を騙す詐欺
師なうえに、美鈴との再開に浮き足立って
いる末次にイラつき、取り調べは全くうま
くいきませんでした。

宇野検事がちょっと休憩をしている間に、
美鈴が取り調べをすると言って、土井垣の
取り調べを行なったところ、美鈴はあっさ
りと詐欺を認めさせてしまい、宇野は自分
の力のなさにショックを受けるのでした。

20140805_122326_large_8310.jpg
※出典:http://www.the-miyanichi.co.jp/special/oricon/index.php?oriconid=entertainment/201408052040630

久利生が麻木とマンホール窃盗の捜査をし
に行き、警察官と話しをしていると、今回
の窃盗以外にも近くでマンホールの盗難や
公園のすべり台が盗まれていたことが判明
したのでした。

1人での犯行とは考えられず、共犯者がいた
可能性を疑い、嘆願書を書いた人達にも話し
を聞くことにしました。

その中には麻木の昔の仲間がいて、麻木の
過去が次々と明るみに出てきたのです。

ドラマ「HERO」2014第4話ネタバレ


麻木と久利生は捜査を終えて、いつもの
バーによって夕飯を食べて、麻木は先に
帰ることにしました。

バーのマスターが麻木の席を片している
ときに携帯を発見して「あるよ」と言いい、
麻木が携帯を忘れて行ったことを久利生に
伝えました。

久利生は携帯を持って急いで麻木を追いか
けて行くと、車から出て来た覆面姿の男二
人が金属バットを片手に麻木を追いかけて
いるところに遭遇しました。

久利生は麻木を守り男二人を追っ払い、
車のナンバーを記憶しました。

その後、麻木を無事に自宅まで送り届けた
久利生はその足で早朝に警察官をつれて、
すべり台が盗まれた公園に捜査に向かった
のでした。

そこでホームレスの人達が花を捧げている
姿を見た久利生は警察官にそこであった事
件のことを聞きました。

ドラマ「HERO」2014第4話結末


そしてその日、改めてマンホール窃盗の
被疑者を取り調べを行い、被疑者に対して
久利生は昨夜麻木が襲われたことを話し、
その犯人が被疑者に嘆願書を書いていた
仲間のうちの2人であることを話しました。

当然拘留中の被疑者が指示をしたという
ことは考えられないのですが、なぜ
マンホール窃盗程度の罪に対して、麻木を
襲うという捜査妨害を行なったのかという
疑問をぶつけ、改めて捜査をし直したと話
しを続けました。

そして、すべり台を複数人で盗む時に、そ
れを注意したホームレスの男性が、その集
団に暴行を受け殺害されていたということ
を話し始めました。

単なるマンホール窃盗未遂から他の
マンホールの窃盗やすべり台の窃盗、そし
て傷害致死罪までもが明るみにでて、さら
に共犯者がいたことまで判明してしまいま
した。

この話しを聞き、今後の起訴についての説
明を麻木にされた被疑者は麻木に対して仲
間を裏切ったとどやしつけましたが、すか
さず久利生が間に入り、「まともに生きて
ない奴がまともに生きてる奴を非難するの
は間違ってるだろう!本当に困っているの
は麻木の方だ、昔の仲間がこんなところに
来て。仲間を裏切ってんのはあんたの方だ
ろう!」と怒鳴りつけたのでした。

昨夜からの一連の状況を聞いていた城西支
部の他のメンバーも無事に事件が解決され
たことに納得しました。

翌朝、美鈴が京都に帰る為に城西支部に
挨拶に来ている中、一番お世話になった
宇野がなかなか現れないと思っていたら、
なんと久利生のマネをしてジーパンに
チェックシャツ着て出勤してきました。

みんなに一斉に非難を受ける中、久利生は
「いいんじゃない」とフォローをするも
麻木にまでダメ出しをされ、川尻部長に
怒鳴り散らされた宇野は着替えに帰って行
きました。
前の1件 | - あらすじ ネタバレ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。